自転車の利用について

 ICUではキャンパス内外での安全で快適な自転車の利用を目指しています。自転車通学者には再三に亘り自転車利用マナーの指導を行っていますが、近隣住民から寄せられる苦情が絶えない状況を見過ごすわけにはいきません。
危険な自転車利用により、本学学生が怪我をする事例も相次いでいます。また、2013年12月1日より改正道路交通法が施行され、自転車の交通規則も厳格化されました。交通規則違反による罰則が強化されただけでなく、近年自転車事故の加害者に高額な損害賠償の支払いが命じられるなど、自転車利用者の責任が問われています。
学生の皆さんは、自転車の利用にあたって交通事故の被害者にも加害者にもなり得るリスクを十分認識してください。また、学内・学外を問わず交通規則を遵守した安全運転、適切な駐輪による周辺環境の保全、歩行者や近隣住民への配慮を徹底することを望みます。

自転車登録について
本学では、学内に自転車の乗り入れを希望する学生には、自転車の登録を義務づけています。自転車の登録のために必要な手続きは、学内専用サイト(ICU Portal)を確認してください。
キャンパス内では必ず駐輪場を利用して下さい。駐輪場以外に置かれた自転車は空いている駐輪場に移動します。長期に渡って利用した形跡のない場合は、放置自転車として掲示期間を設けた後に廃棄処分します。

自転車利用にあたっての注意事項
自転車を利用する皆さんは安全走行に努め、交通ルールを守って下さい。また、事故の加害者になりうることを十分自覚し、必ず賠償責任保険に加入してください。

<安全な自転車利用のために>

以下は全て法律で定められています。必ず守ってください。

●飲酒運転の禁止:【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

●二人乗りの禁止:【罰則】2万円以下の罰金又は科料

●並進の禁止:【罰則】2万円以下の罰金又は科料

●夜間はライトを点灯:【罰則】5万円以下の罰金

●信号を守る:【罰則】3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●交差点での一時停止と安全確認:【罰則】3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●傘差し運転、自転車で携帯電話を使用しながらの運転:【罰則】5万円以下の罰金

また、音楽(ヘッドフォン・イヤフォン)を聞きながらの走行も大変危険ですので止めてください。

その他詳しい自転車の乗り方については、警察庁のページを参照してください。

自転車事故に遭ったら、事故を起こしてしまったら
万が一事故に遭ったり事故を起こしてしまったら、落ち着いて行動してください。

●警察へ連絡

すぐに最寄りの警察署または交番に連絡し、後日学生サービス部(0422-33-3065)に報告してください。

●けが人の救護

相手や自分が大きなケガをした場合、消防署に連絡し救急車を要請してください。

●誠意ある行動

ケガをさせてしまったり、賠償責任を問われた場合は、誠意をもって謝罪してください。また、加入している保険会社に連絡し対応の指示を受けてください。