アルバイト

学生のアルバイトは、あくまでも学業を継続していくための手段です。
したがって、アルバイトのために時間を割くことは、経済上やむを得ない場合に限るべきです。
大学では、経済援助のために、奨学金及び貸付金制度を設けていますが、これらの制度を利用してもなお、経済的に困難な学生に対して、アルバイトの紹介を行っています。
アルバイトをする皆さんには、常に学業との両立を心がけ、アルバイトでの体験を人間形成に役立てて、学生生活を充実させるよう望みます。

 
 
Note: Non-Japanese students need to obtain a work permit by the Immigration Bureau to have a part-time job. For more information on the permit, please click here.