学外の施設利用

「軽井沢三美荘」は、ICUの学生、教職員の夏季研究、課外活動、各種セミナーや自然環境の科学的研究等への利用を目的とした宿泊施設です。
両キャンパスの豊かな自然の中で、日常の生活とはひと味違う体験をして頂く事ができます。

各施設概要
軽井沢三美荘

軽井沢三美荘は新型コロナウィルスに対する安全を確保することができないため、本年度(2020年度)の運用を中止します。

 三美荘は避暑地・軽井沢にある小さな山荘です。ここは財団法人三美会の研修施設であったもので、1952年に本学名誉理事である故湯浅恭三氏より寄贈されました。
中軽井沢と信濃追分の中間に位置し、54,500平方メートルの敷地の中に宿泊棟が2棟(三木ハウス・新館)あり、付帯施設としてテニスコート1面があります。また、宿泊棟には厨房があり、 自炊することができます。
収容人員は26名(三木ハウス20名、新館6名)です。

所在地
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉才ノ川原5355

アクセス
JR東京駅より長野新幹線「軽井沢駅」でしなの鉄道に乗り換え、「信濃追分駅」または「中軽井沢駅」下車。

信濃追分駅より徒歩20分(タクシー5分)。中軽井沢駅より徒歩40分(タクシー10分)

利用対象者
「軽井沢三美荘」を利用できる方は以下の通りです。

1:ICUの学生及び教職員
2:ICUの授業または行事のために利用する方
3:ICUの学生団体の活動のために利用する方
4:ICUが特に承認した方

利用期間
6月下旬~9月下旬。申込は毎年6月上旬から9月上旬まで受け付けます。
詳細は学生サービス部までお問い合わせ下さい。

利用料金
宿 泊 料 :1泊 1,200円(税込)
シーツ使用料:1回  600円(税込)
(シーツは宿泊数に関係なく1名あたり1組の貸出となります)  

軽井沢三美荘についてのお問い合わせ先
国際基督教大学学生サービス部学生グループ
TEL:0422-33-3071
E-Mail:sa-office★icu.ac.jp (★を@に置き換えてください。)